水族館で素敵に写真を撮るコツ|ロイヤルカイラロケーションフォト

関東 横浜エリア

プロカメラマンによる出張撮影サービス

050-5805-6545
CLOSE
水族館で素敵に写真を撮るコツ
ABOUT
PLANS
撮影プラン
個人向け
企業向け
料金表
ご予約から撮影までの流れ
OPTIONS
CONTENTS
最高の瞬間をいつまでも。
記念日には写真を残そう!
妊娠のお祝い基礎知識
お宮参りの基礎知識
お食初め
七五三
初誕生
天候別の撮影のコツ
COMPANY
STAFF BLOG
ハロウィン
こんにちは!ロイヤルカイラフォトスタジオ担当の石黒です。皆様今年のハロウィンはどの様に過ごされましたでしょうか。ロイヤルカイラフォトスタジオではハロウィンの衣装や小物を使ったワンちゃんのお写真撮影や赤ちゃんの撮影で[…]
写真販売サイト「フォトライク」
こんにちは!ロイヤルカイラフォトスタジオ担当の石黒です。先日は幼稚園の運動会の撮影に同行させていただきました。少し早めに入りをさせていただいたのですが、すでに走り回る幼稚園児に朝からパワーをもらいながら準備をするので[…]
ファミリーフォトを撮影しました
おはようございます。ロイヤルカイラロケーションフォト担当の戸村です。先日、街中で撮影するファミリーフォトに行ってきました。小学生の女の子が2人と若いご両親の4人家族でした。最近は、いつ[…]
ロイヤルカイラフォトガイド ロイヤルカイラフォトスタジオ・お見合い ロイヤルカイラフォトスタジオ・ペット お見合いフォト マタニティフォト ベビーフォト 横浜前撮り 石黒 竜也 フォトギャラリー 高橋 由真 フォトギャラリー 青木 真美 フォトギャラリー

天候別の撮影のコツ

水族館で撮影を試みたけれど、うまく写真が撮れなかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。そんな水族館で、少しでも素敵にロケーションフォト撮影するコツをお伝えいたします。

【水族館での写真撮影が難しい理由とは?】
・館内が暗いため、写真も暗くなる
・魚が動くため、ブレてしまう
・光が特殊なため色が変色してしまう
・分厚いアクリル板が邪魔

暗い水族館で上手に撮影するコツ

暗い水族館で上手に撮影するコツ ●明るいレンズを使おう
水族館は太陽の光が入らない上、照明を落としています。そのため、普通に撮影しても何が写っているのか分からないような暗い写真が出来上がることも。
そこで、光を取り込みやすいレンズを使うことが大切になります。開放F値がF2.8やF1.8など小さい大口径ズームや単焦点のレンズがお手元にあれば、ぜひ使用してください。

●F値は一番小さな状態にして
F値を絞ることで、多くの光を取り込むことができます。撮影の際は、開放(F値を一番小さく)して撮りましょう。
プログラムモードやフルオートの際は、カメラが自動的にF値を開放していますが、絞り優先のAvやAモード撮影がおすすめです。

●なるべく明るい水槽を探す
水族館の水槽には、太陽光がたくさん差し込む明るい水槽があります。明るい水槽では失敗が少なくなるもの。特に、黄色や赤などカラフルな魚はキレイに撮影できます。
また、水面から光が差し込んでいる場面は、あおり気味に撮るとインスタ映え抜群。

ブレずに撮るために

●ISO感度は手動設定で
暗いだけならシャッタースピードを落とせば撮影できますが、魚が動くためそれではブレてしまいます。
ISO感度をオートのままにしておくとキレイに撮影できません。水槽の状態や魚の動きによって変わってきますが、目安は1/100以下。魚の動きが早いほど、シャッタースピードを早くする必要があります。
明るい水槽ならISOは200~400。普通の水槽なら400~1600、暗めの水槽なら1600~3200、暗い水槽なら3200~6400が目安になります。

●AF(オートフォーカス)
AFをオートにしておくと、動きの早い小さな魚にピントを合わせるのは困難です。そこで、ピンポイントで決められる測距点を1点AFやセレクトAFに設定してみましょう。AFモードは、被写体を追いかけることのできるAIサポートやダイナミックAFにしておくことをおすすめします。
※メーカーにより呼び名が違いますのでご了承ください

変色を防ぐ

●WB(ホワイトバランス)
光は水中を通ると、赤成分の色が吸収されるといった特徴を持ちます。そのため水族館の光は特殊な光になり、ホワイトバランスが難しくなります。
太陽光設定にして、補正でM(マゼンダ)を最大にして補ってあげましょう。面倒な方は、ホワイトバランスを白熱電球モードにすると、青っぽい写真が撮れます。

アクリル板に負けないで!

アクリル板に負けないで! ●水槽に近付いて撮影
アクリル板には周りの景色が映りこみます。そのため、なるべく水槽とレンズをギリギリまで近づけることが大切です。マナーを守って撮影しましょう。

フラッシュについて

フラッシュについて フラッシュは、禁止されている水族館と禁止されていない水族館があります。禁止されている水族館で写真を撮影する場合は、設定を発行禁止モードに変更してください。オートになっていると、暗い水族館内ではフラッシュが光り、わざとではなくても周りの人達に嫌な思いをさせてしまいます。 フラッシュOKの水族館でも、光に弱い魚の水槽の前にはフラッシュ撮影禁止にしています。指示にしたがってカメラを調整してください。 また、フラッシュをたくと、アクリル板に光が反射し、キレイに撮影ができません。じぶんのフラッシュの光が、他の人の写真にも影響を与えてしまいます。魚にも周囲の人にも、思いやりを持って撮影するようにしましょう。


お役立ちコンテンツindexに戻る

TOP