お宮参りの初穂料|ロケーション撮影・出張撮影ならプルメリアロケーションフォト

関東 横浜エリア

プロカメラマンによる出張撮影サービス

050-5804-0320
CLOSE
お宮参りの初穂料
ABOUT
PLANS
撮影プラン
個人向け
企業向け
料金表
ご予約から撮影までの流れ
OPTIONS
CONTENTS
最高の瞬間をいつまでも。
記念日には写真を残そう!
妊娠のお祝い基礎知識
お宮参りの基礎知識
お食初め
七五三
初誕生
天候別の撮影のコツ
COMPANY
STAFF BLOG
プルメリアフォトガイド プルメリアフォトスタジオ・お見合い プルメリアフォトスタジオ・ペット お見合いフォト マタニティフォト ベビーフォト 横浜前撮り 高橋 由真 フォトギャラリー

お宮参りの基礎知識

お宮参りの初穂料

日本の古くからの習わしである初穂料。
ここではお宮参りの際に神社に収める初穂料について詳しくお伝えいたします。

お宮参りの初穂料 お宮参りの際、祝詞をあげてもらった謝礼として神社に納めるお金のことを初穂料と呼びます。初穂料は社務所で受け付けをする際にお渡しするものです。そもそも、初穂料の初穂というのはその年に実った稲の穂や穀物の事で、それを神前に感謝の意を込めて奉納した事に由来しています。

納めるときは、水引ののし袋に入れ、水引が赤と白の蝶結びのものを使用します。表書きは上部に、「御初穂料」または「初穂料」と書き、の下部には赤ちゃんの名前を記入します。読み方が難しいときはひらがなをふり、ボールペンよりも筆ペンで書くのが一般的です。お祝いのときは濃く鮮やかに書くというならわしがありますので、思いを込めて書きます。

初穂料を包む金額は神社や地域によって異なるものですが、五千円から一万円が目安とされます。神社によって、金額は「お気持ちで」とする場合は、五千円から一万円の範囲で包みます。多くの人が祈祷に訪れる東京の水天宮のような神社の場合、お宮参りの初穂料の金額を設定しているところもあります。

一般的に、初穂料は、赤ちゃんのお父さんお母さんがお支払いをされる事がおおいのですが、祖父母から孫の健やかな成長をお願いしたいという申し出があれば甘えても差しつかえないでしょう。

お役立ちコンテンツindexに戻る
TOP