七五三の基礎知識 男の子編|ロケーション撮影・出張撮影ならプルメリアロケーションフォト

関東 横浜エリア

プロカメラマンによる出張撮影サービス

050-5804-0320
CLOSE
七五三の基礎知識 男の子編
ABOUT
PLANS
撮影プラン
個人向け
企業向け
料金表
ご予約から撮影までの流れ
OPTIONS
CONTENTS
最高の瞬間をいつまでも。
記念日には写真を残そう!
妊娠のお祝い基礎知識
お宮参りの基礎知識
お食初め
七五三
初誕生
天候別の撮影のコツ
COMPANY
STAFF BLOG
プルメリアフォトガイド プルメリアフォトスタジオ・お見合い プルメリアフォトスタジオ・ペット お見合いフォト マタニティフォト ベビーフォト 横浜前撮り 高橋 由真 フォトギャラリー

七五三

七五三の基礎知識 男の子編

子供の成長の節目となる七五三。
ここでは男の子の七五三の基礎知識をお伝えいたします。

七五三の基礎知識 男の子編 七五三は子供の成長の節目となる年齢を表しています。昔は医療の技術もなく幼児の死亡率が高く、子供が7歳になるまでの間に様々な儀式が行われたことに七五三は由来しています。その中で男の子は、3歳の「髪置き(かみおき)」の儀と5歳の「袴着(はかまぎ)」の儀にお祝いをします。神社に行き、子供のこれまでの成長を感謝するとともに、今後のさらなる健康を祈願します。

平安時代、乳児の頃に髪を剃っておくことで、健康な髪が生えてくると考えられていました。また、病気予防のために、髪を剃って清潔にしていたことがあり、幼児は坊主が当たり前でした。その髪の毛3歳の春から伸ばし始める儀式を髪置きの儀と言います。髪置きの祝いは、女の子にもあります。5歳の袴着の祝いとは、男児は5歳になると初めて袴をつけることから来ています。

七五三を祝う年齢は地域によってはさまざまで、男の子は5歳のみとする地域、3歳・5歳・7歳のいずれかの年齢で行えばいいとされる地域、さらにはすべての年齢で祝う習慣の地域もあります。3歳用の小さな袴もありますので、ぜひ、お祝いしてあげてください。

最近では男の子の七五三の衣装も、バリエーションが増えてきました。伝統的な袴だけでなくちょっとおしゃれなスーツなど、衣装を選ぶのも七五三の楽しみです。神社へお参りしている写真や、家族写真を撮り子供の成長を記念に残してみてはいかがでしょうか。

お役立ちコンテンツindexに戻る
TOP